家具紡木のこと

家具紡木(つむぎ)という名前は、
「糸と糸を紡ぐように、ひとつひとつ心を込めた家具作りをしていこう」
そんな思いからつけました。
北海道の小さな村の小さな家具工房の名前です。

2013年より、北海道西興部村にて創作活動をさせていただいてます。
家具作りは、材料の発注からお届け、配送まで、私一人で行っています。

profile (制作者紹介 )

画像の説明

小林直人(kobayashi_naoto)
東京都練馬区出身
2002年・・・東京都足立技術専門校(木工科)で木工を学ぶ。
2003年・・・家具メーカー就職。
2004年・・・家具製作技能士資格取得
2012年・・・家具メーカー退職。北海道へ移住。
2012年6月・・・家具の試作を始める。
2013年10月・・・家具紡木で看板を出し、手づくり家具のお店を始める
2017年01月・・住まいに関する世界最大のプラットフォーム「houzz」
より「ベストオブハウズ2017・サービス賞」を受賞する。


家具は生活の中で、なくてはならないもの、ないと困るもの、毎日目にし、使うもの。
だからこそ、気に入ったものである必要があります。

オーダーでご注文される方は、たくさんの「想い」や「お気持ち」があってご注文されることと思います。
だからこそ、お使いになる方が、日常で違和感を感じず、長く使える家具を作りたい。
そう思っています。


家具紡木