桂の一枚板テーブル

この幅広の一枚板は、今から100年くらい昔に実際に使われていた
和裁道具で、裁ち板(たちいた)。裁ち台(たちだい)などと
呼ばれていたそうです。

裁ち台、裁ち板

古い板です。
歴史を感じさせる雰囲気は長い時を経て初めてかもし出される色合いです。
和裁道具(ヘラ)の跡。割れ。とても味わい深いです。
桂の脚
早速これに見合う脚材を調達してきました。
天板が桂なので、やはり脚も同じ材料でそろえたいところです。

ただ桂の厚みがある材料は,中々手に入りません。
桂に限らず厚材や幅広材は入手が難しくなってきていますね。

桂の一枚板テーブル

参考商品



戻る