家具紡木の家具作り

良質な北海道産材を厳選して家具製作にあたります

家具紡木,北海道産材
北海道の木は木目が美しいです。
例えばJapanese oakと呼ばれる楢(なら)は、世界的にとても評価が高いです。
そのような素晴らしい資源を家具作りに活かしています。
北海道産材の素晴らしさを、たくさんの方にお伝えしたいと思っています。

制作にあたり心がけていること

丈夫であること

使っているうちに、すぐに壊れてしまうような物でないこと。
強度が必要な部分や、力が加わる部分には気を付けています。
例えば椅子の座面と後ろ足の接合部分には、かなりの力が加わります。
そのような部分にはボルトを併用して強度を保つようにしています。

機能的であること

キチンと使えるものであること。大切に考えています。
どんなにデザインが良く、色合いが美しくても機能しなければ、
意味がありません。

飽きの来ないシンプルなデザイン

家具は長くお使いになられるものですので、あまり奇抜なデザインですと
飽きてしまうかもしれません。
デザインもシンプルで伝統的なものの方が、結局は長く付き合えるかと
思います。

古くからの伝統的な工法で制作しています。

ビスや釘ではなく、木と木を組んで接合する(ホゾ組み)により
作られた家具は長持ちします。

木の動きを予測し、また適材適所で材料を使い分けて制作していますので、
とっても丈夫です。
「丈夫で長くお使いいただけること」そのために伝統的な工法で制作しています。

家具紡木,作業
手作業で一工程一工程、心を込めて制作させていただきます。
量産品にはない、手作りの味わい、温もりを感じていただけると嬉しいです。